パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
Friend in need,friend indeed [G]
作成者
SePTa
タグ
連載 七海 里佳 小夜
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
50
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 千鶴の近所のお兄ちゃん : 今回は、修司や七海に対する舞ちん&小夜の気遣いが印象的でした。それだけに、すれ違う二人が切なくて……。この「もどかしさ」が次回、どうなるのか……必見ですね。優しさ、気遣いであるが故のすれ違い。七海が悲しいと、こっちも悲しいぞー! (2008/05/24 19:22:59)
  • スキュラ : 修司の真実を言えない苦悩、七海は修司に避けられているという思い込み…とても切なくなってしまいます。二人の仲が元に戻ることを切に希望しています! (2008/05/25 10:09:06)
  • /aki : 心理描写だけでなく、キャラの細かい動きもすぐ近くに感じますね。最後の休憩室での出来事がすごく良かった。人って様々な誤解によって不安になっていくものなんですよね。しかも自分の都合で解釈してしまう。良くも悪くも……現実的で本当にありそうな切なさでした。続き、おかわり希望です。 (2008/05/25 16:02:30)
  • 下僕のS : あれ、修司くん小夜撲殺フラグたってない? っておお?!to be concludedになってるってことぁ?! (2008/05/25 19:05:15)
  • 二東 : A~Gまで、一気読みしました。改めてSePTaさんの作品の作り方がすごいな、と感じました。長編シリーズ作ることのできる人ってすごいですね・・・。乞う続編(なるべく早く公開してくださいね。待ちきれません!) (2008/05/25 19:33:38)
  • 紫布 : SePTaさまの作品を読んでいていつも思うのは、シナリオ展開もさることながら、テキストが非常に洗練されていることです。饒舌にならず、説明っぽさをうまく排しているのでスマートで読みやすく、含蓄が深いです。現在のSO常連制作者の中ではトップクラスでしょう。明日君のメインライター・鏡遊さんのセンスに近いものを感じますヨ(^^) 私も最近、自分の作品ではこの路線を目指しています。……いや、目指してはいるけど、なかなか思うようには…(汗) (2008/05/27 05:13:08)
  • Rookie : 過酷な運命のいたずらですね。七海と修司のすれ違いで次回がますます楽しみに! 追伸:今回のザッピングも秀逸でした。SePTaさんの作品って台詞はもちろん、情景描写や心理描写がとても読みやすくて本当に優れていると思います。演出も明日君の登場人物の温かさがにじみ出ていて毎回驚かされます。 (2008/05/27 22:54:01)

名前 コメント