パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
黒猫のたこ焼きと、俺のふたりのインチキ
作成者
スピンアウト作者一同
タグ
作者匿名企画 未来ノスタアルジア 作者:/aki
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
25
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • アズキ : ク、クロさん・・・泣かせてくれますなぁ・・・泣     自分も猫を飼っているのでちょっとこれは泣きましたね・・・ (2013/07/22 22:09:58)
  • アズキ : 小銭を集めるところと何度もうまかったか?と聞くところが涙腺崩壊ですね・・・BGMもGOODです (2013/07/22 22:12:15)
  • : これをチェリーさんだと思っていたのでやられました…まさかの二作とは。。 でも未ノスやってない自分でもクロさんあんた良いネコや!と涙腺が… (2013/07/28 04:18:39)
  • 秋燕 : 良い話ではあったのですが、いろいろとモヤモヤが残りました。以下は長文感想になりますが、ご容赦ください。 (2013/07/31 01:31:27)
  • 秋燕 : 生放送中に、どういう意図かを聞き損ねたのですが、タブーを犯したのは何故です? 最初に前置きがあるとはいえ、(漢字変換の少なさもあって)とても読みづらいなぁ、と。 (2013/07/31 01:31:55)
  • 秋燕 : 現在の陽一が振り返る過去。 会話は過去で、地の文章は現代の陽一の語り。 と思いきや、所々で地の文章にその当時の陽一の描写が入る。 これは話の途中で過去と現代に視点が移動していることになるので、 過去と現代、どちらの陽一に感情を寄せればいいのかわからなくなります……。 (2013/07/31 01:32:29)
  • 秋燕 : また、この作品の最大の欠点は、『過去回想である』ということにあります。 クロが死ぬことを既に知っている人にとっては、 最後のオチに意外性が無さすぎるんですよね。 まあ、この話は『なんでもない思い出話』ってことなので、 そこはどうでも良いかもしれません。 (2013/07/31 01:32:50)
  • 秋燕 : ただ、どうして陽一がこの思い出話を語ろうと思ったのか? そして、誰に語っているのか?ってところは明らかにするべきだったかもしれません。 やはりお話として読ませる限りは、主人公になんらかの目的は必要なんだと思います。 ただ単に思い出話をするだけでは、読み手はどう受け取っていいのかわからない。 (2013/07/31 01:33:23)
  • 秋燕 : 陽一はクロのお墓参りに行ってて、お墓の中のクロに向かって思い出話をしている。 最後はそこにたこ焼きを添える、というラストにするだけで、 この思い出話に意味が生まれたと思いますよ。     以上でございます、長々と失礼しました。 (2013/07/31 01:35:54)
  • tomtom : 私もアズキさんと同じく動物を飼っていたので、ふとこの物語と同じような思い出にふけることがあります。誰に語るというわけではなく…。70年代のフォークソングの歌詞のような語りが良かったです (2013/08/01 10:38:05)
  • アズキ : もっとクロさんの思い出話や双子などの話が聞きたいですなぁ (2013/08/02 20:45:35)
  • 名無しさん : 動物を使ったシリアスは反則だろ!と思いながらも感動してしまった私… (2013/08/06 01:53:32)

名前 コメント