パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
触れる温もりと想い
作成者
秋燕
タグ
未来ノスタルジア クリスマス作品 杏奈
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
20
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • tomtom : 杏奈の本当の気持ちに応えることのできない陽一の歯がゆさが大いに感じられる作品でした。でも、未来編の陽一と杏奈は恋人よりも、理想の父娘であってほしいと僭越ながら私は思いました… (2012/12/25 20:52:37)
  • 秋燕 : あ、それは私もそう思ってます。でも今回はクリスマス作品なので、恋人寄りの内容で書かせていただきました。 (2012/12/25 22:40:11)
  • cherry : 俺も親子のような関係から始まったのがいつのまにか恋人みたくな関係になっていたのにときめきを覚えました (2012/12/26 16:53:31)

名前 コメント