パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
『私』ハ再ビ笑イ出ス
作成者
二東
タグ
誕生日企画作品への設定作品 ヒロインは『私』(二東に非ず) オリジナルストーリー 短編
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
30
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • amore : ちょっと重たいテーマでしたが……続きを楽しみに待っております! 車の事故とか無くならないですね……凶器になるんだから、免許の取得方法もうちょっと考えてほしいです。 最近長編の多かった二東さんの短編も新鮮でしたw 遅くなりましたが「あけおめ」で~す☆ (2010/01/06 01:08:40)
  • Burau Rafale : これが続くのですか……すでにしんみりしてしまっている自分がここにいるんですけど!? 8日(前後w)楽しみにしております! (2010/01/06 01:18:49)
  • /aki : 自分がこのような災難におそわれたら、なにを思って、なにができるのかを考えてしまいました。悔しい思いをするでしょう。はがゆい気持ちをどこにぶつけるべきか悩むでしょう。考えても答えが見つからなかったので、きっと何もできないような気がしました。ここからどのように瀬戸誕生日企画に繋げるのか期待です。 (2010/01/06 22:45:05)
  • : 自分が悪くない不幸、きっとほんの少しその場所にいる時間がずれていればなかった不幸。 ………あぁ………  こういう作品も読むと過去への強烈なIF感が想いだされる……(気にしないでね♪♪) え~と元ネタは、ほ○うたですね、わかります。8日あたりを楽しみに待ってま~す♪♪ (2010/01/06 22:54:59)
  • 千鶴の近所のお兄ちゃん : フィクションなんだけど、ただそれだけじゃない「真に迫る」感じ。これは、やはり二東さんでしか書けないSOだと思います。それぞれの作者さんが持つ「これまでの生き方」。それが赤裸々に出ちゃうのも、見ていて「うおっ」となっちゃいますね。……完結編、期待しております。 (2010/01/08 02:11:29)
  • スキュラ : 自分がいつそんな目に遭うのかは分からない。ほんのちょっとした偶然で回避したり、直撃してしまう、そんな薄氷の世界。しかし、これがどのように続くのか気になります。では。 (2010/01/09 08:54:53)
  • 下弦の月 : いわゆる”あてがき”という手法ですね。ただ相手のことをそのまま書くのではなく、それに自身の思いを入れて”話”として成立させることは難しいと思います。新年初めての作品でこの作品をもってきた二東さんの決意を感じました。今後の展開に期待をこめて (2010/01/09 21:07:05)
  • LazyBoy : 事故、というとどうしても漫画の『リアル』を思い出す。ふたりの辛い現実はまだまだこれからだと思います。二東さんがこの続きをどう書くか…さて―― (2010/01/10 15:40:25)
  • くりむぞん : 舞シリーズと違った要素で、実体験を参考にされていますし現実味ある内容ですね。この続きが瀬戸と、どう関るのですかね。 (2010/01/11 00:16:04)

名前 コメント