パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
誕生日よりも、何よりも
作成者
アンセスター
タグ
あさひ あさひAfterStorys 劇団くくり 明日香 誕生日企画
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
36
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • スキュラ : 確かにこれは色々問題がありますね。ただ言える事は、世間はひたすら規制という名の緩やかな死へと向っている。なんでもかんでも、二次元を悪にする風潮は、情けない国だと思いますね。 (2009/07/07 22:33:34)
  • amore : 規制なんてものは「臭い物に蓋をする」ような感覚で、原因や本質を捉えようとしていない他人事の発想が多いと感じます。 「目的自体が目的」になることが多々あり「木を見て森を見ず」。 何をしているんだか……何がしたかったのか? 本当に大切なのは、ちゃんと導くこと……なんですけど、この国は「たてまえ」が多すぎる。 amoreなんかは何の役にもたたないと思いますけど、「協力して」と言ってくれれば協力しちゃいますよ☆ (2009/07/08 21:08:41)
  • 二東 : ようやくこの作品を読むことが出来たのですが、確かに『その』とおり、ですよね? 「文化」と称されるもの、表現されるもの、それは「自分という存在を表現したい、分かってほしい、理解してほしい」そしてそれが相手に、世界に受け入れられること、理解されること、共に楽しめることこそ、「文化」ではないでしょうか? 単に「美少女ゲーム」というだけで、存在を「悪」とか「悪影響を及ぼす」という判断は間違っています。 (2009/07/09 22:51:20)
  • 二東 : さて、「きーたん」さん。貴方の作品がとうとう世の中に発表される時が近づいています。 その作品を、文化を、貴方が織り成す世界を楽しみにしています。 二東 拝 (2009/07/09 22:52:58)
  • 下弦の月 : ブログの方でこの問題について書きましたが、規制したから物事がいい方向に流れるかといえば、そんなことはないとほぼ断言できると思います。実際、こういうものを規制してどうなったかは歴史を紐といてみれば明らかですし。何が問題なのか。その本質を見極めなければいけないのにそれができない方が多い気がします。まさに魔女狩りだと思います。 (2009/07/10 20:32:06)
  • /aki : 規制とかってこの業界に限ったことではないので、こういった問題を考えるのって難しいですよね。関心がある人も、無関心な人もいる。僕にも無関心なことはたくさんある。もちろん今回の規制の件は関心があるけれど。でも、そういった環境がどうこうというよりは、自分自身がどうありたいか。何をするべきかを把握する事が大切なのかなと。もしかしたらいろんな意味でチャンスでもある。どう捉えるかはその人次第だけれど。 (2009/07/10 21:56:16)
  • くりむぞん : その業界で暮してる訳でもないし、そんな知人も居ないローカルユーザーですから、ネットで知った際は正直対岸の火事状態なんですよね。きっとなるようにしかならないんだろうなっと、ですが実際その中で動かれてる人の状況を、この様に記される機会を得まして現実味を持った問題として取らせていただきました。 (2009/07/11 00:00:37)
  • LazyBoy : あまり関心しませんがコメ。「で、結局のところ何を守りたかったの?局部にモザイク入れたぐらいじゃナニも救えないよ?」というのは私の言葉なんですが、まぁそんな感想です。 なんだかんだ言って、面白いものはなくならないだろうし、これからも生まれるんだろうなと思います。 (2009/07/11 23:03:09)
  • 海瀬カカリ : 今の日本人は、自分に直接関係なければどうでもいいというスタンスですからね。ある程度の規範は必要だと思いますが、締め付ければいいというものでもありませんしね。前は暗黙の了解というものがあったのに…。 (2009/07/27 20:50:25)

名前 コメント