パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
明日の君を考える~先輩・後輩編~
作成者
cherry
タグ
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
44
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 下弦の月 : 瑠璃子ルートはどちらのEDを選んでも王道のような気がしますねー。あさひ先輩は発想の逆転!!なるほど(笑)。ところどころのcloseボタンを押すとか、着せ替え人形になっているところとか笑わせていただきました(笑)。最後は、まあお約束ですねー(笑)。七海が熱弁をふるうとなぜか面白いのはどうしてなのでしょうか(笑)。でも納得できたり。 (2009/06/13 12:50:56)
  • amore : 今回もスルドイ分析です☆ そんな説明されたら……『後輩ルート』や『先輩ルート』に行きたくなってしまうではないですかー♪ あれ?話が進まない……と思ったら『close』のトコ何回も押してましたねwww 楽しかったで~す☆ (2009/06/13 13:33:46)
  • cherry : どうも、コメントありがとうございます。下弦の月さん、細かいところにちょこちょこギャグを入れてみたのですが笑っていただけたのなら幸いです。amore さん、今度は本編のCGで是非ウインドウズをけしてください(笑)。 (2009/06/13 16:58:39)
  • スキュラ : 言われてみれば、リコは属性がてんこ盛りですねー。ああ、自分にもああいう後輩が欲しいな~。あさひ先輩は、見た目からだと先輩に見えないけど、内面はしっかりと先輩なんだよな。だから、その表現に関しては秀逸でした。あと、ENDのことを“ed”で表記されていたので、とある病気を想起してしまいました(苦笑) (2009/06/13 23:25:55)
  • cherry : 確かにあんな先輩・後輩がいる部活だったらいますぐ入部届ですね。 (2009/06/14 00:24:07)
  • 二東 : やばぁい、あの「掲示板」には「こんな」意味があったのですね? 知らずにコメント、残しちゃいました、すみません! それにしてもcherryさん、こういった各キャラクターの魅力の再確認作品、上手だなぁ…。 「成る程」とうなずきながら、読ませていただきました! (2009/06/29 21:50:58)
  • cherry : どうも、コメントありがとうございました。生かすのは少々先になりそうです。100ワードの方にコメント残したので見てください。 (2009/07/01 20:24:47)

名前 コメント