パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
廻る廻る日常 ⅩⅡ
作成者
スキュラ
タグ
廻る廻る日常 歴史
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
43
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 夢魚 : 『夢』に関して新たな展開がきましたね~。もしかすると、修司の記憶喪失は、『代償』が原因なのでは? だとすると、今の修司って……。 あとは、お月見ですね。ん?月?……月と言えば、もしかして? (2009/05/18 21:09:10)
  • 下弦の月 : 歴史の話、面白かったです~。明日香の夢の内容がちょっと気になりました。でももっと気になるのは、儀式の話……。でも場所はおそらくあそこだと思っています。それにしても修司は、一体何を代償?にしたのかな?ちょっと不思議ですね。 (2009/05/19 21:51:59)
  • 二東 : 昔々に同じ事が起き、それをなぞる形で修司の身に何かが起こった。 という事は、このシリーズの冒頭にあった、小夜の修司への攻撃。 それ自体がキッカケではなかったのでしょうか? それとも、それが原因で…? 楽しみながら、迷いながら、それでも次回作を楽しみにしています。 追伸…歴史物、私も好きなのですが「高松の水攻め」しか知りませんでした。 最近「へうげもの」という作品がお気に入りなのですが、その作中に石田三成が堤防つくりに失敗する場面があります。そのシーンを思い出していました♪ (2009/05/20 23:13:14)

名前 コメント