パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
【GW企画】七海が舞で店長が俺で
作成者
千鶴の近所のお兄ちゃん
タグ
七海が舞の身体と入れ替わります。 修司が店長の身体と入れ替わります。 ゴールデンウィーク企画。 『入れ替わりネタSO』
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
58
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • Burau Rafale : 入れ替わりネタならではのいい話でした。やっぱ人は助け合ってナンボですね。 (2009/05/05 16:47:00)
  • 下弦の月 : 最初はギャグのにおいがぷんぷんしていたのですが……っ!!いやこんなにいい話でまとまるとは中盤まで思わなかったです。しかもオチもスゴかったです。七海さんの知覚能力ってすご過ぎですね~。修司と親父殿はここでもいいコンビでした(笑) (2009/05/05 17:35:45)
  • 零文 : うぬぅ~ええ話や。人と言う字はお互い助けあって云々(以下略) (2009/05/05 17:42:51)
  • kanaga : コメディー的な入りからいい感じにエエ話や~で締められてました! さすがですねぇ~♪ (2009/05/05 20:20:37)
  • スキュラ : まぁ、確かに七海から見れば、舞のポジションが羨ましいかもしれないけど、その人の立場によってやるべき仕事が変わってくる。そして、経験を積むことによって、新たな役目と責任が生じてくる。それが組織の中で生きるということだと思います。 (2009/05/06 01:50:40)
  • /aki : なるほどなぁ。それぞれの立場になってみると、おのずとその辛さが見えてくるんですよね。大切なのは今の自分に何が出来て、何をやるべきなのかを理解していることだと僕は思います。お兄ちゃんはこういった現実的な問題を表現するのが上手いですね。面白いお話でした。 (2009/05/06 13:01:02)
  • cherry : GWでも月華は大忙し。そんな中でのみんなのドタバタがなんともおもしろかったです。 (2009/05/06 17:52:20)
  • くりむぞん : 日常、入れ替わりのライト作品と思いきやオチはお約束でしたが貴殿の組織としての勤め人を生かした現実味あるお話でした。最後の2人の会話で綺麗に〆られましたね。 (2009/05/06 19:54:52)
  • 二東 : カミングアウトしますと、私こと二東が描く『月花』の営業スタイルは、学生時代のアルバイトや現役営業時代の知識・経験を基に作り上げています! そして、今日…お兄ちゃんさんの作品を見て!「フッ…俺って結局、リーダーでの視点でしか、描いてなかったのね♪」と、我が身を嘆く今日この頃です! GW企画、お疲れ様です!そして、花菜枝さんと巌さんを出演させていただき、ありがとうございます! (2009/05/06 21:26:09)
  • 二東 : 追伸、そして…最後の言葉が身に染みます。 もう一度、お兄ちゃん&お姉ちゃんに叱られた様な、諭された様な。 私は一度、自分が築き上げた物全てに。背を向け、皆さんに心配・叱られ、そして励まされたんだ…て。 (2009/05/06 21:28:37)
  • amore : 華やかそうなシゴト、地味そうなシゴト、どちらもタイヘンですね。今やっているシゴトを楽しめなくなったら……それは労働。しんどいですね。どんなシゴトでも積極的に楽しめるようになれたら……スバラシイですね♪ (2009/05/08 19:09:30)
  • Burau Rafale : コメント返し:こんなとこでコメント返し、すいません。あー声優ですか~考えてなかった…候補としては…自分の好きな声優の 藤原啓治 か、戦国BASARAの伊達政宗役の中井和哉ですかね…ちょっと渋めの感じで? (2009/05/12 01:13:27)

名前 コメント