パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
ある日の出来事~修司編25~
作成者
下弦の月
タグ
下弦の月 修司 長編
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
56
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • スキュラ : 無事に大団円、お疲れ様でした。エピソードのネタも、どこかで見たことがあるようなネタがちらほらと。個人的には彼女が修司に向けて言ったある一言が、グッと来ました。本当にお疲れ様でした♪ (2009/05/06 02:05:14)
  • 夢魚 : ラストの二人の会話が良いですね。本編では、二人ともお互い一歩引いてた距離関係でしたから、こういう本音のぶつけ合いは新鮮でした。全ては、自分と彼らと“彼女”のために出来た世界。 いやはや、彼女の登場は予想外でした。素晴らしかったです。お疲れ様です! (2009/05/06 19:48:14)
  • くりむぞん : 後半は定時で感想を添えられずに申し訳ありませんでした。当所はラブコメ話と思いいきやあすきみ舞台の謎解きファンタジーと変わって章終わりの止めのお陰で毎回更新を楽しみにさせて頂いていました。主犯は途中で気づきましたが最後に彼女の登場には一本取られましたよ。サブキャラ達の活躍は良かったですけどお陰でメインキャラで何人かが寂しい事に為ってたのが少し残念でした。とりあえずお疲れさまでした充電後の新たなワールドが楽しみですね。 (2009/05/06 20:03:00)
  • 二東 : 「最後の最後まで…この展開に気づきませんでしたよ、私は!?」と、ヤサグレている二東です! ええ、確かに!〝彼女〟が登場するなんて、コレッポッチも想像出来ませんでした! でも、納得…正に大団円でした! ラストシーン、頭にピョ…と、「そして、日常へ…」と学生時代にプレイしたDQシリーズのサブタイトルが浮かんできました♪ 本当、お疲れ様でした! さて、ところで…私の拙作シリーズは何時、終焉を迎えられるのでしょう? もうじき、一年…。まだ、終りが見えないのは何故?! (2009/05/06 21:43:21)

名前 コメント