パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
廻る廻る日常 Ⅸ
作成者
スキュラ
タグ
廻る廻る日常 異変
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
40
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 夢魚 : 昨日まで壊れていたはずのある物が、いつの間にか直っていましたね。今回の気になる点はそこでしたが、果たしてそれが意味するものとは? 修司が舞に対する接し方が違うのも気になりますね。やはり、修司の記憶は別の……いや、まだ決め付けるには早すぎる。 (2009/04/19 09:06:02)
  • 下弦の月 : 何度か読み直しているうちになんとなく状況が掴めて来ましたっ!!だいたいの展開は読めてきましたが、なぜそうなったのかがわからないですね。森の雰囲気のことも気になりますし。歴史――。何が隠されているのでしょうか。楽しみです♪ (2009/04/19 11:14:28)
  • 二東 : 上の皆様が残されている様に、「微妙で、確かに違う雰囲気」…何故? 身近に居る人だからこそ、それを感じ取れる…その関係を作り上げる事が出来たからこそ。 …ごめんなさい。さっぱり理由が分らないので、『そこ』を置いておいて←の部分に心打たれてました(苦笑)。 それにしても最近スキュラさんの作品、深いなぁ。 下弦の月さんもそうなんですが、私は伏線張りが下手なので…。「ストーリーの構成」として全体を見渡せるお二方を見習います。 (2009/04/19 21:25:39)

名前 コメント