パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
ある日の出来事~修司編22~
作成者
下弦の月
タグ
下弦の月 長編 修司
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
43
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • スキュラ : 一般人であると思った彼女にも特殊能力が付加されているとは思わなかったですー。咲さんは咲さんの思惑で動いていたんですね。なんというか、不器用な咲さんらしいけど……。あと、残り数話、修司と瀬戸の決着、楽しみに待っております。 (2009/04/07 22:32:09)
  • 夢魚 : 決戦直前。やはり最後の舞台はここですよね。修司たちがこの世界から解放された時、はたしてどうなるのか……静かに続きを待ちます (2009/04/08 08:56:50)
  • 二東 : “彼女”の役割もちゃんとあったんですねぇ…(しみじみ) 全体を通してアクションシーンや謎解きが、物凄いコントラストを醸し出していて。 「あぁ…下弦の月さん、アンタァ…天才だよぉう♪」と叫んでいました。 確かに咲さん…不器用ですねぇ。 またそこが年上のお・ね・え・さ・ま♥ (2009/04/11 20:20:57)
  • KTN : いつも下弦の月さんには吃驚してます。なぜこんないい作品ができるのだろうと・・・。自分なんかネタが上がらないしシナリオ書けないしでダメダメです・・・。あとの2話楽しみに待ってますよ。 (2009/04/13 01:54:29)

名前 コメント