パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
もしもあの日出逢っていたら Ⅶ
作成者
夢魚
タグ
もしも二人が 小夜
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
39
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • スキュラ : 小夜の彼女に対する強い想いが、この現象を引き起こした。確かに選ぶのは、小夜自身。だけど、小夜を繋ぎとめることが出来るのは修司だけ。修司、頑張れ!! (2009/04/18 23:29:56)
  • 下弦の月 : 鈴の音色は、やっぱりあの人っぽいかも(笑)。それはともかく、この事態の中あーちゃんに動きがないのが気になりますが。小夜の選択。それを止めることはできるのか。修司の選択が気になります。 (2009/04/19 11:33:26)
  • amore : 白ウサギの正体は……! アリスの強い想いは自身さえ巻き込んで――物語は急転直下、いきなりBAD ENDになるし……w ワクワクしますね♪ (2009/04/19 18:01:18)
  • 二東 : 作中の画面チェンジがアニメーションの様で、凄いと思いました。SOってここまで出来るのだな、と。 まだまだ可能性を秘めているシステムなんですね、SO! 勉強になりました。 そして、アリス…。この展開も「もしもあの日…」、その存在とであっていたら、というIFの様に思えて成りません。 (2009/04/19 21:35:34)
  • 二東 : 追伸…先日は私への励ましの言葉、ありがとうございました。そして「Ⅲ」を公開停止されている理由。 その事情・背景を知らない私がコメントをしてしまうのは、ルール違反かも知れませんが。 どうか、貴方が作るSOが私にとって「素晴らしい作品」で有る事を、頭の片隅でも良いので、置いておいていただけませんか? この「もしも…」の設定は、本当に彼等が幼少時に出逢っていたら「こう成っていたかもしれない」SOが掲げる、無限の可能性の一つなのですから。…お目障りの様でしたら、削除下さい。 (2009/04/19 21:39:24)

名前 コメント