パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
ある日の出来事~修司編19~
作成者
下弦の月
タグ
下弦の月 修司 長編
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
40
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 二東 : な、なるほど…。 だから、なのか…?と相槌を打ちましたよ、私は!! ああ、なるほど、そういう事なのねって!? はっ…ははっ!! どこまで深いんだろう、下弦の月さんの伏線は!♪ お忙しいようですが、体には充分お気をつけください! 追伸…本日3/14、拙作を公開しましたが「下弦の月さん、公開しないかな…」と、後ろ髪引かれて休日出勤しました! 帰宅すると「おぉ~う♪」 貴方の作品がぁああ!! 今、舞い踊ってます♫ (2009/03/14 18:10:56)
  • 夢魚 : やられた!……まさか、逆転の発想とは! という事は明日香の様子がおかしかったのは、あの人のせいなのか? それにしても、最後に七海と会話してた人物は、前回と同じ人か? 七海が『ちん』づけするのは、修司と小夜・舞と…どれも違うような…もしかして? (2009/03/14 20:05:17)
  • スキュラ : なるほど、こう来ますか! 前回の冒頭は『未来』、今回の冒頭は『過去』という対比はいいですね。今までの伏線が見事にカッチリと填まってきました。そして、物語はいよいよ最終局面に……。 (2009/03/15 00:47:13)
  • 名無しさん : 小技を使うあたりはさすがですね・・・でもなんか物足りないのは私だけ? (2009/03/15 11:27:10)
  • KTN : 深いですね。下弦の月さんの伏線は・・・。なんというかしょうじき意表を突かれました。 (2009/03/17 00:57:15)

名前 コメント