パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
失われたもの「Ⅲ」
作成者
タグ
「シリアス」
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
36
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 下弦の月 : 白装束の少女の正体がわかりましたねー。それと、主人公の誓い。けど、それはおそらく最期に後悔するのではないか――そんな予感がします。矛盾ですよね。なんだかとっても不器用な主人公なのかなーと思いましたね。悲しいくらいに。 (2009/01/04 22:44:10)
  • スキュラ : 難しいですね、こういう話は。色んな意味でこの二人は矛盾しているのかもしれない。だからこそ、この出逢いはある種の必然――同じ視線を持つ者同士がどうこれから交わっていくのか。そして、そこに何らかの小さな希望を見出して欲しいですね。 (2009/01/05 00:08:26)
  • 二東 : 「死を見つめあい、直面しあう二人」が切なく…ただ、この感情を彼等に向けると「同情や哀れみ」、そう捉えられるかも知れませんね。 多分彼等はこう、言いたいのでは?「おまえ(あなた)に何が分る?!」 でも、それは「自分を知って欲しい」というサインでは無いでしょうか? たとえ余命が幾ばくかであったとしても「一人ではなく、誰かに”分って”欲しい」 自分でコメントしていて、「自分が寂しがりやだった」事に気付かせてくれて、ありがとう。 心からの御礼を貴方に。 二東。 (2009/01/06 21:31:31)

名前 コメント