パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
世界に抗する者たち
作成者
スキュラ
タグ
短編 シリアス 夕霧の呪い
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
40
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • cherry : 夕霧家の病気を遺伝子的な観点から掘り下げるとは…いい話でした。 (2008/11/22 00:47:12)
  • 二東 : 確かに……「遺伝形質によるもの」「ウィルス」「キャリア」。…医学的に説明すると上記の様な症状・条件が特定されますが、何故夕霧本家がけなのか?「そこの部分」は説明できないでしょうね? 私なりに(まがい物ですが)それを強引に説明するとすれば「その特定性」でしょうか? 夕霧本家という長子という「キーワード」と「その系統性」。しかしそれであれば次子性や他家から嫁ぐ女性から出産される「女子」の説明がつかない。 (2008/11/22 06:12:45)
  • 二東 : やはり「奇跡」「呪い」とみなすーーそう、考えるのでしょうか? 医師であれば「認めたくない」のは分りますけど、ね。 ただ、直輝先生の選択肢の中の説明。ものすごくグッと来ました。スキュラさんが直輝先生の心情とリンクしている様な…そんな錯覚さえ感じました。 追伸…彼の友達のネーミング、そして「神眼」。スキュラさん…元ネタの主人公は「まだ誰も”死”を看取っていない」設定ですよね?瑠璃子、修司達にとってもそうであって欲しい、今日この頃です。(二東も原作読んでます。ゴッドハ○ド ○」! (2008/11/22 06:17:50)
  • 下弦の月 : なるほどー。シリアスになるという話は聞いていましたが。こういう話を持ってくるとは……。興味深い話でした。肉体の設計図は遺伝子の中にありますが、もし、精神にも遺伝子と呼ばれるモノがあるとすれば――。またいろいろなことがわかるかもしれませんねー。ちなみに下弦もゴッドハ○ドは見てますよ~(笑) (2008/11/22 13:01:28)
  • くりむぞん : 本作の内容に触れてしまっているので、プロフに記していますので、ご覧頂けると幸いです。 (2008/11/24 06:56:48)
  • 千鶴の近所のお兄ちゃん : すみません。スキュラさんの新境地が見られる、と聞き、次回の1周年記念の作品で輝をどうしても出したい、と思ったので、作品を読みました。その上で感想を書いておきます。これは個人的にスキュラさんの中でも上位に入る程気に入りました。何より「ドライ」な空気がこの作品と合っている感じがする。また違う切り口で「例」の病気に対し、一つの答えを出している。感服致しました。これはもっと評価されても良いと思いますよ。 (2008/11/25 15:54:41)
  • 秋燕 : 遅くなりましたが、掲示板の方に長々と感想を書かせていただきました。お暇でしたら一読をお願いします。ではでは~。 (2008/11/25 17:36:40)

名前 コメント