パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
夏の香りがした――
作成者
秋燕
タグ
短編 小夜
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
56
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • LazyBoy : 最近、秋燕さんの作品はコメディに特化してたので、良い意味で意表をつかれました。やっぱりこういうのも書けるんすね!羨ましいっ!w (2008/11/15 04:55:27)
  • 海瀬カカリ : うわ~。いいですね~。こういう話。小夜ちんの可愛さ満点ですね♪本当に羨ましいですw (2008/11/15 12:39:09)
  • 下弦の月 : 詩的なタイトルに詩的な物語……。あいかわらず文章のつくりが上手いですねー。小夜っぽさがでていたし、修司のあの小夜に対しての呼び方も良かったですよ~。 (2008/11/15 13:07:31)
  • くりむぞん : 部屋のトラブル演出はうまいですね~。今まで彼女との微妙な距離が近づいていく……最後の修司の心境とタイトルの繋がりに感服。 (2008/11/15 21:49:20)
  • スキュラ : 小夜ちんが可愛すぎる! こういう話を書ける秋燕さんが羨ましい! あさひ先輩は修司の中では論外なところが悲しすぎる(笑) (2008/11/16 00:01:40)

名前 コメント