パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
劇中劇『遥かなる時に』
作成者
アンセスター
タグ
あさひ 劇団くくり あさひAfterStorys 劇中劇
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
30
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 二東 : お久しぶりです、アンセスターさん! 相変わらず、神掛かってますねぇ! 確かに…「生きつづけたい」=「死にたくない」では無いですから、ね♪ でも、本当にお久しぶりです。 追伸…ちなみに「きーたん」の関わった作品はどうなりました?よろしければ教えてください! 追伸②お時間がありましたら、忘年会に参加されませんか?秋燕さんが公開している作品ですが…?お待ちしてます! (2008/12/24 00:24:13)
  • 下弦の月 : 相変わらず、こう考えさせられますねー。生きる――ですか。生まれてこの方、恐らく一度は死を望んだ瞬間というのは誰にだってあると思います(思い込みかもしれませんが)。けど、普通は留まりますよね。理由はいろいろあると思います。晩御飯が気になるとか、秘蔵コレクションを見られるわけにはいかないとか、好きな人がいるからとか。そんな願望の先にあるのが生きたいというものなのかな~と下弦は思いました。 (2008/12/24 18:54:57)
  • スキュラ : 何気ない日常こそが一番の宝物。それは、日常と切り離されるとより強く思ってしまうものなんだと思います。誰かの心の中で生きていれば、その人はある意味永遠という時間を手に入れられるんだよなー。不老ではあるが、不死ではないということは寿命があるんじゃないのかなと思ってしまったんですけど。 (2008/12/24 22:23:14)
  • くりむぞん : いやー楽しみにしてた劇中劇。オリジナルで不思議な作品だけど明日君キャラが演じても違和感が無くは話が進んでいくのに引き込まれましたわ。今後の劇団本編の流れも楽しみですね。 (2009/01/02 01:27:24)

名前 コメント