パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
昨日の君と逢わないために
作成者
秋燕
タグ
宿題企画 修司 明日香IFルート
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
52
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • iba : これはこれでいいんじゃない? (2008/09/30 12:46:23)
  • 下弦の月 : 読みながら、ハッピーエンドと書いているものの、あれバッドエンドになるのかなーと心配になったりしました(汗)小夜の言葉は心にきますね。自分も罪悪感だけならここまで修司は明日香を思ってはいられなかったと思います。 (2008/09/30 20:28:38)
  • くりむぞん : 本編と180違ってるけど、その設定を殺さず生かした話にしてますねー。この手の心境描写は苦手なので色々参考になりました。しかしりんはお茶目だなー。 (2008/10/01 06:49:34)
  • 海瀬カカリ : いいですね。こういうお話。1人の人を6年も想い続けるのは大変なことですよね…。やっぱり修司も自責の念があったと思うのですよ。人間の精神、陽の部分ばかりじゃないですからね。里佳姉も小夜ちんもいいですね。本当に困ってるときに手を差し伸べてくれる人こそ大切な人だと思います。 (2008/10/01 14:20:43)
  • kanaga : 本編でもありそうな流れで安心して楽しめる話だなと思いました。修司が暗かったらこんな感じかも。 (2008/10/01 20:29:41)
  • 青い燕 : これが秋燕さんの実力なのか。背筋が凍り付きました。いつも感動をありがとう。 (2008/10/02 09:14:24)
  • スキュラ : 自責の念だけで人は生きてはいけないと思います。きっと、それは心に過負荷を掛けて、きっと壊れてしまうような気がします。でも、心に明日香への気付かないふりをしていた想いがあったからこそ、7年間耐えられたんじゃないんのかなー (2008/10/02 22:59:32)

名前 コメント