パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
親心 ~八代家~
作成者
二東
タグ
月野家シリーズ 帰省 八代家
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
46
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 小夜 : なかなか良かったぞ。 (2008/09/28 14:10:57)
  • スキュラ : なるほど、これが二東さんが考えた八代家なのですね。自分の描いたものと根っこの部分は似ているが、味付けが違う所為でだいぶ雰囲気が変わりますね。仕事に誇りを持っている人間であるが故に、舞の心も理解できる母親、自分のできる範囲で修司をサポートする父親という風に見えました。 それにしても、お仕置きコースが気になります。松・竹・梅ってどんなのですか(笑) (2008/09/28 20:37:42)
  • ゆむき : 修司も大人になったらあんな風になるのかなぁ(遠い目……)。それと二東さんパソコン大丈夫ですか?ものすんごく心配なんですけど…(ヴォン、ヴォンって……) (2008/09/28 20:41:43)
  • 下弦の月 : お疲れさまですー。スキュラさんが先に両親との話を出していましたので、かなり悩んだのではないのかなーと思っていました。でもフタを明けてみれば、二東さんらしい解釈で八代の両親を語ることができたと思いますよ~。『手』がキーワードなのでしょうか?あと間接的な話ですけど、電車の効果音はいいなあーと思いました。 (2008/09/28 23:16:39)
  • くりむぞん : いやはや帰郷を一話で終わらせてしまうは(汗。でも、修司の両親が彼の血を引いてという感じが、しっかり出てましたねー。個人的には“手”に惹かれました。自分にも色々思い出がありますのでね……。お怪我&PCお大事に~! (2008/09/29 06:49:08)

名前 コメント