パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
Less than 0cm - Portent -
作成者
SePTa
タグ
短編
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
30
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 秋燕 : はい、乙です。久し振りですねー。ああ、こういう作品を書く人だったなぁと(苦笑)。序章と一章は同時に出すのをオススメしたかったかも……。 (2008/09/28 00:32:05)
  • kanaga : これは、なんかいろいろ気になる感じ……? (2008/09/28 00:47:42)
  • 秋燕 : ちょい、続かないのかー!!(苦笑) じゃあこの作品単体の感想を。試みとしては悪くない。が、テンポがイマイチかな。メッセージ性を持たせるなら言葉は多い方がいいのだけど、この距離感を出すためにはこれでいいのか……。英語と漢カナ(造語)の合わせは統一感が薄れるかも。な、七海……FDではメインヒロインなんだぜ! (2008/09/28 03:51:06)
  • スキュラ : おお、ひさしぶりのSePTaさんの作品だー。明日君のプロローグというか、CMみたいな作りですね。こうして見ると、色々な距離の近付き方があったんだなと思いました。 (2008/09/28 09:02:32)
  • 水妖 : ここから彼らがどのように心の距離も近づけていくのか、この後に続く物語を期待させるという意味では、明日君本編の予告編として素晴らしい出来ではないかと。自分はとても好きですよー。前のversionでも「your story」に続くとあったので、これ単体で完結していると分かりましたけどね、自分には。あの結びの言葉があってこそ予告編(Portent)として活きると思うので、個人的には復活を希望します。 (2008/09/28 12:02:50)
  • 下弦の月 : 久しぶりですー。SePTaさんの作品は、なんというかあえて未完成で終わらせている節がある気がします。ここから先はあとでみんなで想像してみてねーみたいな。余韻の持たせ方が上手いのかなーと。幅が広いわけではなく、深い。その深さに読み手はどうしようもなく惹きつけられる。そんな気がするのですよ。 (2008/09/28 22:57:08)
  • くりむぞん : 自分も一回AUTO作品作りましたがタイミングとか計るのが難しい分綺麗にいくと嬉しいですよね。なるほどキャラの位置の演出はこの方式だと違った感触になりますね。私も「your story」の方があえて終わらせるより作品としては、しっくり来るような……。 (2008/09/29 06:42:37)
  • 二東 : お久しぶりです、SePTaさん!いやぁ~、貴方の復活記念作品を公開するまで、この作品を一読するのをガマンした甲斐、ありました!…相変わらず、音の魔術師プリですね~♪SOを作る際に不可欠な要素が「間のとり方」、フッ、少々の休眠は貴方には関係ない、とみた!改めて、復活おめでとうございます! (2008/09/30 01:03:58)
  • 海瀬カカリ : このように流れるような感じ好きです~。短いセリフ、間、セリフ配置など流れを遮断しないような作りにするのは難しそうです。さすがSePTa様。 (2008/10/01 14:49:45)
  • LazyBoy : 「プライスレス」と思わず言いたくなりますw こういう仕掛けがある作品って創りたくなりますよね。なんか思いついたら私もやってみたいんだけどなぁ (2008/10/19 17:16:52)

名前 コメント