パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
君と出逢う∽うたかたの
作成者
秋燕
タグ
長編 りん あさひ
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
38
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 下弦の月 : ふはぁ~~。すっごく国語の教科書とかにでてくる”詩”を読んでいるような話でした~。いろいろな解釈が人によって生まれそうな気がしますね。不思議と文を読んでいる感覚じゃなくて、絵を眺めているような感じをさせてくれるそんな作品でした。むむむ、本当に作品の幅が広いっ!! (2008/09/21 13:21:56)
  • LazyBoy : SO以外での土俵も含めてで、私が書きたい作品にとても似ている。雨と涙を掛けてるところなんかは特に共感w これを詩的って言うんですかね、ならその要素は『美しさ』なのかもしれません。 (2008/09/21 21:50:57)
  • 二東 : 「うたかた」…拙作で引用した事があったので、その意味を知っていましたが…その「意味」を捉える人物が違うだけで「こう」まで違うものなんですねぇ…。BGMの使い方が凄かったです。これも演出効果なんですね。…しみじみと表現の難しさや方法をかんがえさせていただきました。 (2008/09/21 22:36:00)
  • スキュラ : 本当に詩的な作品を創るのが上手いですね。人の内面、神様の内面をそれぞれ違うベクトルで表現したという感じです。りんがこの世界に残る鍵は、”こける”という動作なんですかねー (2008/09/21 22:56:30)
  • くりむぞん : 無音と効果音で進んでいく演出、明日君を絵本にしたら、こんな感じなのかな?夜明けのシーンは展開違うだけ、で印象違うものですね参考になりました。 (2008/09/22 06:44:32)

名前 コメント