パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
ある日の出来事~アルバイト編⑰~
作成者
下弦の月
タグ
オリジナル 長編
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
46
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 二東 : まずは…修司の体に大きな損害が無くって良かった…。そして、舞と明日香が…とうとう向き合い始めましたね。…私も事故に遭ったことがありますが、入院・治療期間中、それまでの人生・出来事・周囲のことを振り返っていました(それしか出来なかった、という事もありますが…)。その中で周囲の人の気遣いや優しさ、自分がどう見られ見て貰っていたのかを、しみじみと感じ入りました。…ラストまで後もう少し、との事。次回作、期待しています。  追伸…橘先生。実際にあのような告知の仕方をしたら、患者から告訴されるか…病院内の倫理査問委員 (2008/09/17 06:42:55)
  • LazyBoy : え?え?終わり? ちょ、彼はどうなってんの? やばいな…完全に下弦の月さんに翻弄されてるぜぃ! 橘先生って元ネタとかあるのかな~? (2008/09/17 22:29:34)
  • スキュラ : 事故の目撃した七海の信じたくない現実に対する心の描写は…上手いなと感じました。それと、明日香…人に何かを背負わせるのは、決して”逃げる”という意味だけじゃないですよ。 (2008/09/17 23:54:12)
  • くりむぞん : はう、どうなるドキドキ?が第一印象(マテ 里佳姉は弟思いやね……本編じゃ明日香と舞は、この手の接点無いから、ぶつかりあう展開が印象的ですね。あー、舞の過去を含めて、この流れの進む先に幸せな未来を……。 (2008/09/19 06:36:42)

名前 コメント