パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
杏仁豆腐~月鳳凰~
作成者
二東
タグ
同じテーマ企画2 思いを伝える手段 月野家シリーズ 外伝 お母さん・親父殿
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
45
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • スキュラ : 親父殿たちの若かりし頃の通った道に、似通った道を通っているのが修司と舞なんだなーと感じました。親父殿の学校の精神、月花の精神、それが過去から未来へと連綿と繋がってきたものなんだなー。その想いを、修司と舞は誰に伝えていくのか分からないけど、その精神がいつまでも残っていることを望みます。 (2008/09/13 01:49:32)
  • 秋燕 : そうだなぁ、確かに全体としては素晴らしい内容でした。でも企画ものである以上はシリーズからは外れた方が良かったんじゃないかと思う。あと、やっぱりオリジナルキャラで企画ものっていうのも一般読者には辛いかな?1つの短編小説としては合格でも、明日君SOとしては不合格になるような気がする。内容が良かっただけに、そこがちょっと気になりました。 (2008/09/13 01:54:59)
  • 下弦の月 : (読破完了後)……や、やばい(汗)二東さん、本気モードですね……(汗)まさかこんな大作をもってくるとは思いませんでしたよ~(泣)正直、よくこうまとめたなぁーと。本編でも中華料理屋らしからぬ”月花”の名の由来。それに2人の出会い。シリーズものとして充分やれる分量を一つにまとめたのがすごいですっ!!しかも手を抜いたような場面が見当たらなかったのもすごいっすー(泣)。こ、これは生半可なものはだせない!? (2008/09/13 12:11:33)
  • LazyBoy : 上に同じく! 流石、企画発案者…でもこれを初っ端に出されると後続の方が辛いよ~!?w たとえ、もし本編で舞の両親が出ても、もうこの設定が上書きされそうだなぁw (2008/09/13 17:17:28)
  • はまー : センスあるなー。二東さんの家族愛がひしひしと伝わるよ。 (2008/09/14 09:34:48)
  • くりむぞん : 投下時間おめと及び企画発案者として先頭打者お疲れ様です。いやはや、本編で殆ど登場が無い2人を、ここまで引き立てるのは感服でした。舞は両親の良い所を貰っていますなー。 (2008/09/15 06:52:54)
  • kanaga : わーいい話さー……あの、完成度高くないっすか?(;゜▽゜) (2008/09/15 11:45:05)
  • のだちゃん : 素晴らしい作品でした。私も先程このテーマ企画に飛び入り参加させていただきました。良ければ読んでやってくださいm(_ _)m (2008/09/16 00:03:13)
  • 名無しのごんべver2,0 : こちらからもお久しぶりです。なんというか感想を書き込むのが遅かったせいもありますが語るべき事が殆ど出てしまっていて感想が難しい(汗)同じ道を進んでいた二人の娘が自分のパートナーを見つけ気づかぬうちにかつて自分たちの辿った道を歩いていたというのは感慨深いものがあるんだろうなあ。と思いました。そして企画発案者にして先陣を切った二東さんGJ&お疲れ様でした。……さて問題は二作目のほうですね (2008/09/16 21:48:30)

名前 コメント