パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
ある日の出来事~アルバイト編⑮~
作成者
下弦の月
タグ
オリジナル 長編
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
40
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • くりむぞん : うはは、真相前の明日香、舞、りんの例のシールネタ辺りの会話は、もう大好き♪舞の代償に対する過去と現在の考えは彼女らしいですね。さて最後の彼女の一言……気になる(w (2008/09/08 06:39:21)
  • スキュラ : ま、まさか…アノ展開になるんですか! 舞と明日香では、失った記憶の重みが違うからこそ、考えた方が違うんだなと感じました。それにしても、あさひ先輩も里佳姉もりんに何を教えているんですか!! (2008/09/08 22:57:09)
  • LazyBoy : 欲を言ってもいいですか? 過去の舞視点を掘り下げていたら、もっと作品に深みが出ていたと思います。下弦の月さんのシナリオは最近かなり洗練されているので、なんだかこんなことを言いたくなってしまいました。すいません… (2008/09/09 02:07:07)
  • 二東 : おぉ~っと、あさひ先輩100の秘密の3つめ(1個目は拙作、2個目はスキュラさんの作品にあります♪)が明らかに!…と個人的なツボは置いておいて♪以前下弦の月さんが舞と明日香を「背中を写せない鏡」と表現された事がありましたよね?舞はあの時の会話を後悔する…ともありましたがそれを乗り越えた時、彼等にとって掛け替えの無い記憶・思い出になると思います。下弦の月さんが悩んでいるのも分りますが、頑張ってください♪次回作、お待ちしています! (2008/09/09 06:43:07)

名前 コメント