パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
"神様"はどこにいる?
作成者
秋燕
タグ
短編 捧げもの
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
38
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • スキュラ : 願いがあることに人も神も変わらないんだよなー。いつかした約束…それを叶えるために彼らは再び再会した。魂に刻まれた記憶は未来に受け継がれた結果と言う訳ですね。 (2008/12/07 18:00:32)
  • 下弦の月 : 確かに受け取りましたですっ!!いつかした約束――。小さな頃にした、子供の頃の約束を忘れずに果たした人はどれくらいいるのか。誰もが大人になってそれを忘れていく。それを当然なことだと思ってその流れにのって時代を生きていく。彼は、それが許せなかった。だから約束を果たすことができたのかもしれませんね。抗うことの意味を知っているからこそ、最後の見届けるものとして神に選ばれたのかでしょうか。なんとなくそんなことを思ってしまいました。 (2008/12/07 18:34:20)
  • cherry : あさひ先輩とりんの関係って意外と忘れられがちな設定なんですよね。りんがこっちにいるのは明日香ルートだけだから今回3人で遊んでるような描写を作ってくれて良かったと思います。あと歌の歌詞を入れた演出も良かったと思います。あの歌はかなり物語の確信を歌った歌ですからね。 (2008/12/07 18:54:08)
  • LazyBoy : ちょw  ……。正直、あの作品はもう、今の私では創れそうにありません。なら、それはもしかしたら“忘れてしまった”ことなのかもしれない…。 けど、それでもきっと、『想い』は空に、心に、時に溶け込むようにして残っているはず。だからこそ、今の私がいて、書いて…そして、この作品を読めるのでしょうね。 (2008/12/07 23:24:32)
  • くりむぞん : TIMEは修司視点の明日香への曲と個人的に思ってたから少し違和感を感じたけど……なるほど、この組み合わせでも別の意味でしっくりくるな~。 (2008/12/12 06:37:22)

名前 コメント