パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
明日君、怖い話(童歌)
作成者
秋燕
タグ
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
32
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 名無しさん : なるほど、そういう解釈もありか。 (2008/06/10 21:29:45)
  • 二東 : 確かに…。そう、解釈できますね。ちなみに、『カゴメ』は『籠女=遊女』のことを指し、奉公の年季が過ぎるまで遊郭を出ることが無い、という意味があるそうです。解釈のひとつ、ですけどね。 (2008/06/10 22:08:00)
  • スキュラ : 成る程と納得できるくらい、上手い解釈ですね! 解釈の取り方は人の数だけ存在する。韻の切り方でも変わりますよ。 (2008/06/10 22:44:49)
  • Habsburg : 『通りゃんせ』の歌……私も使おうと思ってた(否、「る」の現在形)――てゆーか、こういう暗い解釈をする話が大好きというのは、ホラー嫌いな人間としておかしいのでしょうか? (2008/06/10 23:09:16)
  • LazyBoy : "あさひ"を創る際、かごめかごめの解釈は結構調べました(懐かしいw)。昔の童話・歌などにはヒトとしての起源なるものが多く、同時に悲しいものが多いです。これは何を意味する?なんて無粋な自分は考えますが皆さんはどうでしょ…。 ちなみに"こじつけ"というのはなかなか馬鹿にできません。それは時代と人々の心の鏡だと思います。 (2008/06/10 23:33:28)
  • /aki : こういう話好きですね。解釈は様々だけれども、秋燕さんの鶴亀解釈好きです。なんだろう、こういう静まり返ったお話や、展開が僕は好きだなぁ……選曲もはまってますね。あぁ、いい曲だなぁ……。 (2008/06/10 23:34:02)
  • 千鶴の近所のお兄ちゃん : 童謡、といえば野口雨情を思い出します。それぞれの歌詞に深い意味がありますよね。何か作品を産み出すのに「皆に伝えたい、本気の動機」ありき。そうでないと、真に、人の心に訴える事は出来ないんでしょうね。色々、考えさせられます。 (2008/07/11 05:29:52)

名前 コメント