パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
2つの気持ちと、1つの心
作成者
秋燕
タグ
あさひ
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
35
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • スキュラ : 『あさひ』を選びました。例え、相反する気持ちを持っていてもその根底に流れているものは同一だと思います。 (2008/06/07 20:08:45)
  • /aki : 自分と自分の深い物語ですね。過去の自分、今の自分、未来の自分。一繋がりではあるけれど、違った自分。こういったテーマは興味深いですね。 (2008/06/07 21:01:56)
  • 二東 : スキュラさんと同じく『あさひ』を選択しました。『   』を否定するのではなく、どのような状況であっても、最後には彼女らしく選択をしてくれる。そう信じたかったからです。私には軽いPTSDがありますが、カウンセラーの方が言うには「自己の否定、自己の容認、そのバランスが崩れた時、現象が起こる」ちょっと違うかもしれませんが、「自分を否定しない」ことが大切なんだそうです。ですから、より彼女らしい『あさひ』が心に残りました。何故か、自分自身の心の葛藤を客観的に見ることが出来た、作品でした。ありがとうございました。 (2008/06/08 00:46:22)
  • LazyBoy : 実は自分、生まれ変わりとか信じてません。(←問題発言w) それでもヒトには『起源』というものがあると僕は思ってます。彼女の起源はたまたま神だっただけ、他は僕達となんら変わらない。なので"あさひ"はやっぱり"あさひ"でしかなく、彼女は迷いこそすれ、ヒトの想いを蔑ろにしないと信じてます。ってか信じたいです。 (もし自分の前世と話すことがあっても僕は自身をそれに重ねないでしょう (2008/06/08 21:41:59)
  • 千鶴の近所のお兄ちゃん : 難しい問題ですね。自分自身を「どう捉えるか」……。こんな、あさひ先輩を勇気付けてあげたい。「あさひ先輩は、あさひ先輩じゃないですか!」と。 (2008/07/10 08:16:32)

名前 コメント