パープルソフトウェア・スピンアウト
タイトル
舞IFルート 明日香は行かせない
作成者
秋燕
タグ
明日香 作者
評価
拍手ボタン
拍手ボタン回数
48
Check

※このコンテンツは、『パープルソフトウェア・スピンアウト』登録者によってカスタマイズされたものです。 『明日の君と逢うために』についてはこちら

コメント

  • 下僕のS : さ、最後ドキっとしましたwあー大人の事情って悲しい! って三部作ですかっ!しかも土日でやっちゃうと?!スゴイなぁ…しかも本編からの流れだから…完成形も楽しみですが1ピースごとも楽しみです! (2008/05/17 06:02:55)
  • スキュラ : 本編に真っ向勝負な舞のIFルート。でも、この分岐は有り得たかもと思えるほど自然な流れでした。三部作楽しみにしています! (2008/05/17 08:38:24)
  • なるなる : 本編でこういう分岐があったら、舞ルートでの明日香の評価も変わったでしょうね。続き楽しみにしてます。 (2008/05/17 14:28:49)
  • 二東 : 秋燕さん、今回は舞IFルートで、しかも50作記念の3部作ですか・・・。めちゃくちゃ興味あります。残り2作、お待ちしてます。 (2008/05/17 21:54:26)
  • 千鶴の近所のお兄ちゃん : 『舞ルートにおける明日香の行動』に対する想いは、舞とまったく同じ意見です。明日香の評価が低くなってしまう原因の一つかと。明日香の、舞ルートでの本当の姿を見たいですね。 (2008/05/18 19:51:01)
  • 紫布 : いかに「明日君」のファンであっても、「結局は帰ってこない咲さん」や「再び行ってしまう明日香」のように、残される人の気持ちをイマイチ無視しているかのような行動に対し、一定の「怒り」のようなものを多少は持っていると思うんです。だから、このエピソードで舞が明日香にガツンと言うシーンを見て、なんだか救われた気持ちになれました! (2008/05/18 22:09:56)
  • cherry : いやー良かったです。どこかの声つきスピンアウトに明日香が向こうに行ってしまうのがありましたが、今回読ませていただいた本編のようにあーやってひきとめるのが本当だと思いました。 (2008/12/08 04:39:57)
  • tomtom : 未来ノスタルジア 杏奈の未来編の中の詩と陽一のキスシーンはこの物語からきたのかと思いました(悲しき決別のキス) (2012/07/19 03:20:43)

名前 コメント